キンソラ情報局

元スロプロのキンソラがスロットの勝ち方やFXの取引などを更新していきます。たまにゲーム等のゆる~い事も書いていきます!

現役トレーダーがオススメする金融・投資映画5選!!!

これから投資をやりたい方や、現在投資をやっている方に是非見てもらいたい投資•金融映画をまとめてみました。

投資•金融映画を見ると知識がついて勉強になりますし、時代背景もよくわかると思うので良かったら見てください。

それでは、さっそく見ていきましょう!!!

 

ウルフ・オブ・ウォール・ストリート

実在する株式ブローカー、ジョーダン・ベルフォートの回想録を元にしたノンフィクション映画となっています。

ジョーダン・ベルフォートの栄光から転落までの生涯をレオナルド・ディカプリオが演じます。

22歳のジョーダン・ベルフォートは、大手証券会社に就職しますが、研修が終わった初日にブラックマンデーが起きてしまい勤めていた会社は倒産してしまい、ジョーダンは失職してしまいます。

しかし、巧みな話術とアイディアによってジョーダンは、再就職先でどんどん頭角を出していきます。 

その後、個性的な仲間たちと一緒にジョーダンは、26歳という若さで起業して証券会社を設立します。

証券会社を設立したジョーダンは、巧みな話術と投資詐欺を中心とした経営で49億円という莫大な年収を手に入れることになります。

ウォール街のウルフとまで呼ばれるようになったジョーダンでしたが、違法ドラッグや投資詐欺などが目立ちついにFBIに目をつけられてしまいます。

ここからジョーダンの転落劇が始まっていくのです。

 

「ウルフ・オブ・ウォール・ストリート」は、ジョーダンの栄光・転落・過激な発言を楽しむ作品だと思いますが、FXや株の投資をしている私にとっては凄く勉強になりました。

レオナルド・ディカプリオ演じるジョーダンがぶっ飛びすぎててフィクションなんじゃないか?と思うぐらいぶっ飛んでいて面白い作品となっています。

ドラッグ、女性関係、投資詐欺など黒い部分が目立つ作品となっていますが、ジョーダンの人心掌握、演説、話術など勉強になるところも多い作品になっていますので、是非見てください。

マネー•ショート華麗なる大逆転

映画「マネーボール」の原作者マイケル•ルイスの著書「世紀の空売り世界経済の破綻に賭けた男たち」に基づく作品です。

世界経済を襲ったリーマンショックの裏側でいち早くその危機を察知して、儲けた4人のトレーダーのお話です。

サブプライムローンの問題に気づいた4人のトレーダーが、好景気に湧くウォール街の大手金融機関を相手に空売りをおこないます。

 

この映画の難しいところは、一般的には聞いた事がない金融の用語が出て来てしまう事です。

この映画を見ながら金融の用語を覚えるのもいいのかもしれません。

4人がウォール街を出し抜いた話もそうですが、この映画ではリーマンショックがどのようにして起きたのかも描かれています。

4人のトレーダー達がウォール街の大手金融機関相手に戦いを挑む瞬間や挑むまでの調査の仕方など見所はたくさんあります。

リーマンショックが起きて世界経済は大打撃を受けたのに対して4人のトレーダー達は大金を得る事になりますが、そのような事はFXや株でもお同じ事だと思います。

この映画を見て、リーマンショックの真実を目撃するのもいいと思います。

スリリングな展開にもなっていますので。スリルが楽しみたい方も必見です。

ソーシャルネットワーク

Facebookを創設したマーク・ザッカーバーグを元にした映画になっています。

マーク・ザッカーバーグ役をジェシー・アイゼンバーグが勤めています。

ハーバード大学に在籍していたマークは、当時付き合っていた彼女と口論をして別れてしまいました。

別れ際に「あなたがモテないのは、オタクだからではなく性格が最低だからよ」と言われてしまい、その言葉に怒ったバークは、ハーバード大学にハッキングをして女学生の顔写真を集め、女学生の顔の格付けサイトを立ち上げました。

マークは、この事件で半年間の保護観察処分を受けますが、マークの優れたプログラミング技術を目をつけたエーリート学生である、双子兄弟のキャメロン•ウィンクルヴォスとタイラー•ウィンクルヴォスがハーバード大学の学生専門のコミュニティサイト「ハーバードコネクション」の制作をマークに依頼します。

「ハーバードコネクション」からヒントを得たマークは、ソーシャルネットワークランキングサイトの制作を始めます。

ウィンクルヴォス兄弟との接触を避けながらサイト制作を続けて、2004年初頭、「TheFacebook」を完成させます。

アイディアを奪われたと思ったウィンクルヴォス兄弟は、アイディア盗用で訴えようとしましたが、ハーバードの紳士は訴えないという思想で訴えませんでした。

マークは、「TheFacebook」がハーバードの大学だけではなくもっと大きくできると思いシステムを改良して、他の大学へも次々と解放していきます。

Napsterの設立者であるショーンパーカーが、「TheFacebook」に興味を持ちサイトを通じて、マーク達に連絡を取った。

マークとエデゥアルドは、ショーンと面会をしてビジネスの相談をしようとしますが、ショーンの独演会となってしまう。

ショーンの考えにマークは魅了されていきますが、エデゥアルドは疑いを抱いていました。

ショーンは、マークに「俺たちの時代が来た」と語り事業拡大を訴え新たな投資会社との契約を成立さしていきます。

エデゥアルドは、自分が知らない間に次々と事が進んでいることに激怒して、会社の銀行口座を凍結させてショーンとマークが進める投資話を止めようとしました。

ここからマークとエデゥアルドの友情に亀裂が入ります。

「Facebook」がヨーロッパまで浸透していることを知ったウィンクルヴォス兄弟は、起訴を決意し、エデゥアルドは罠にはめられて持ち株が0.03%までに減らされてしまいCFOを降ろされてしまったため、起訴を起こします。

こうして、マークは2つの起訴を抱えることになりました。

ソーシャルネットワークは、「Facebook」の成り立ちやマークの友情関係などを描いてる作品になっています。

インターネットの可能性を感じられる作品です。

ウォール街

1980年代の世界的株式ブーム時に公開された金融映画です。

出世願望が強い若手証券マンのバドと冷徹かつ強欲な投資家ゴートン•ゲッコーによる企業買収を描いた金融映画です。

アメリカでは、認知度が相当高いらしく日本でもゴートン•ゲッコーのファッションを真似た人が多かったそうです。

この映画は、今でも経済•金融の論表に引き合いに出される事も多いので金融•経済の教科書と言ってもいい作品だと思います。

出世を夢見ている証券マンバドが、ゴートンと出会うことでウォール街で成り上がっていく、しかしバドとゴートンの気持ちはすれ違っていき・・・

ついにバドとゴートンは対立していく事になる。

ゴートンの人の心を操る能力の高さや、ゴートンとバドの対立など見所はたくさんあります。

経済・金融の専門的な用語はあまり出てこない作品になっていますので、経済・金融をあまり知らない人にもオススメです。

ウォール街の続編であるウォール・ストリートは、復讐を誓うゴートンが金融危機に立ち向かっていく作品となっています。

ウォール街に負けずとも劣らず面白い作品になっていますので、一緒に見てください。

ハゲタカ

ハゲタカはもともと企業買収をテーマにしたマネーゲームを描いたテレビドラマでしたが、反響がよく映画化されました。

かつて、日本を買い叩き一世を風靡した「ハゲタカ」こと鷲巣雅彦は、着々と企業買収を繰り返してはいたものの、一向に変わらない日本社会に嫌気がさし、最近は海外で平穏に暮らしていた。

そんな時アカマ自動車を誰かが狙っていると考えた芝野は、鷲巣に助けを求めるが鷲巣は、助けを無下に断ります。

一方中国政府系ファンド・CLICの意向を受けたブルー・ウォール・パートナーズの劉一華はアカマ自動車のTOBに乗り出すことを宣言します。

この事には、中国政府が自国へと技術を取り込みたい思惑があったのだが、劉一華はその事を知らない。

鷲巣は劉一華の記者会見 を知り、MGS銀行頭取・飯島とアカマ自動車社長・古谷の要請にてホワイトナイトとしてアカマ買収に立ち向かう事にする。

ハゲタカ鷲巣と赤いハゲタカ劉一華のアカマをめぐる攻防戦の幕が切って落とされた。

しかし、鷲巣と劉一華その背後にいるCLICだけではなく、世界中のマーケットも巻き込んでいく資本主義の破壊へとシナリオは動いていく。

中国系ファンドと天才ファンドマネージャーが繰り広げるマネー戦争になっています。

現代日本の金融危機を写した内容になっているため、楽しみやすい内容になっていると思います。

現役トレーダーがオススメする金融・投資映画5選のまとめ

いかがでしたか?本当に面白い金融・投資映画をまとめてみました。

ここに紹介されている映画を見ると金融の動きや投資のやり方など様々な事を覚えられると思います。

僕ももう一回ここにある映画を見ておこうと思います。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

映画を見るならU-NEXT!!!

僕は映画を見るときは、U-NEXTで見ています。

レンタルショップで借りるとその都度お金がかかってしまい何気に予算がかかってしまうと思いますが、今U-NEXTで見ると一ヶ月間無料キャンペーン中なので無料で見られます。

是非U-NEXTを使ってみてください。