キンソラ情報局

元スロプロで現在はFX等の投資も行っています。FXやスロットの記事だけではなく様々なジャンルを取り扱っているBlogです。 GOODな記事を発見したら読者登録、シェアして頂けると励みになります。 (このBlogは二人(キン、ソラ)で運営してます。)

【FX】移動平均線を使えば初心者でも相場が分かる!?全員使ってるテクニカル指標

皆さんこんにちはキンソラです!

 

株やFXトレーダーなら全員が使っている移動平均線ですが、テクニカル分析を行う上で絶対に必要なものなのでまだ使った事の無い方、使い方が分からない方は是非見てくださいね!

 

f:id:kinnsora:20180314134025p:plain

 

目次

 

 

 

 

 

 

 移動平均線とは

移動平均線(Moving Average)一定期間の終値を平均してグラフ化したものです。

つまりは相場の流れを平均的に見せてくれるので、ただローソク足を見ているよりも流れを掴みやすいという事ですね!

 

移動平均線の種類は3種類

1.単純移動平均(Simple Moving Average)

2.指数平滑移動平均(Exponential Moving Average)

3.加重移動平均(Weighted Moving Average)

 

単純移動平均は名前の通り特定の期間の終値を平均化した線です。

指数平滑移動平均加重移動平均は直近の価格を平均化して、更に比重を置いています。

どのように平均値を割り出しているか?については覚えてもあまり意味がないので、どういった違いなのかを覚えておくだけで十分だとキンソラは思っています笑

(もちろん調べればすぐに計算式が出てきます。)

 

FXを始めて間もない方からしたら「結局どれを使えばいいの!?」ってなりますよね。

 

一般的に多いのは指数平滑移動平均ですが単純移動平均線でも良い!

 

キンソラは指数平滑移動平均線を使っています。理由は2つありまして、1つは単純移動平均に比べ相場に対する反応が早いのでトレンドに早く気づけるという事(単純移動平均線よりダマシが増えるので他の指標と合わせてエントリーを決めましょう)

 

2つ目は他の単純移動平均線よりも指数平滑移動平均線の方が多く使われているという事。

特に2つ目の多く使われている所がポイントで、FXは沢山の人間が動かして相場を作り出しているので集団心理が大切になってきます。

他のトレーダーと逆の取引をしても利益を出し続ける事は非常に難しいという事ですね。

これからFXをはじめる方や初心者の方は「他のトレーダーはどう判断するんだろう??」と、自分を客観的に見る事が利益を出していく上で最も重要な事になるので意識して取引するようにしましょう。

 

 

移動平均線の見方

 

移動平均線が右肩上がりの場合は上昇トレンド。逆に右肩下がりの場合は下降トレンドとなります。

通常、移動平均線はチャートに3つ表示するのが一般的で短期、中期、長期の3つを使います。

 

一般的な移動平均線の期間設定

短期:25日

中期:75日

長期:200日

期間に決まりがあるわけではありませんが、上記にもありますように多くのトレーダーはこの期間設定にしているので集団心理的に同じタイミングでエントリーしやすくなります。

 

 

ゴールデンクロス、デッドクロス

 

ゴールデンクロス(買いサイン)デッドクロス(売りサイン)です。

ゴールデンクロスは中・長期線を短期線が下から上に抜けた状態。

デッドクロスは中・長期線を短期線が上から下に抜けた状態。

下記の画像はピンク矢印がデッドクロス、青矢印がゴールデンクロスになります。

f:id:kinnsora:20180314140405j:plain

見づらいですが、青色のグラフが短期(25) 赤色が中期(75) 黄色が長期(200)

上記の画像は実際にキンソラがエントリーした位置です。

 

 

移動平均線を見ながら取引をする事でトレンドを見つけやすくなるので、これからFXを始める方や初心者の方は表示しましょう!

ただし過信しすぎるのは禁物ですゴールデンクロス、デッドクロスにはダマシがあるので、最初のうちは少し様子を見てからエントリーする事をオススメします。

 

 

他にもテクニカル指標は沢山あるので色々使ったり見てみたりしてFXライフを楽しんでください!それでは次回の記事でお会いしましょう!