キンソラ情報局

元スロプロで現在はFX等の投資も行っています。FXやスロットの記事だけではなく様々なジャンルを取り扱っているBlogです。 GOODな記事を発見したら読者登録、シェアして頂けると励みになります。 (このBlogは二人(キン、ソラ)で運営してます。)

勝てるパチンコ台をご紹介!パチンコで勝つ方法や勝てない人の特徴もご紹介

こんにちは!

今回の記事では、勝てるパチンコ台をご紹介していきます。パチンコで勝てる方法もご紹介していきますので、パチンコで勝ちたいと思っている方は、是非、見てくださいね。

効率よくデータを得るにはデータロボ「サイトセブン」がおすすめ!

パチンコ・スロットで勝率を上げる為にはお店の事をよく知る必要がありますよね!

サイトセブンは一週間の出玉情報だけでなく、リアルタイムのゲーム数やART突入回数まで把握できる優れものです。

  • お店が力を入れている機種は?
  • 特定日以外に力を入れている日はいつ?
  • 同じ台に設定を入れる頻度は?

上記のようなお店の「癖」を知る事はパチンコ・スロットで勝つ上で最も重要です。

移動費が掛らずお店の状態を把握できるので、利用していない人は損をしていると断言して良いでしょう。

サイトセブンを詳しく知りたい方は下の画像をクリックで登録ページにアクセス出来ます。

 あなたはパチンコでは勝てないと思っていますか?

f:id:kinnsora:20190218033335j:plain

いろいろなパチンコ情報誌がコンビニや書店に数多く並んでいます。

皆さんは攻略本や必勝本など1度は購入したり、購読された経験がある方も多くいると思います。また、ネットで攻略サイトと称されるサイトを閲覧されている方もいるかと思います。

パチンコは、本当に勝てないのでしょうか。少なくとも遊技店側からすれば、利益を生

み遊技店を経営していかなければならないため、遊技する人から少なからず利益を上げなければ店がつぶれてしまうわけです。

しかし、世の中には、パチンコでプラス収支を維持している人がパチンコ遊技人口の数%ですが、いるわけです。

 パチンコの場合は、勝つ=プラス収支だとすれば、打ち出し玉に対し獲得玉数が上回り換金率を考慮した玉数を獲得できればプラス収支になります。

パチンコで勝てる台をご紹介!

f:id:kinnsora:20181001125403g:plain

では勝てる台って何とは?と言いますと結論から言いますと、私が考える勝てる台は甘デジ機です。しかし、ただ打っているだけでは簡単にはプラスにはなりません。今回は勝てる台、甘デジに着目し勝てる台を探ります。

勝てる台とは?

どんな機種を選べばよいか?

パチンコは爆裂連チャン機全盛時代に比べ色々な面で規制を受けています。

昔は永久連チャン打法やモード移行、単発打ちなどの様々な攻略法が世に出回り打ち手の射幸心をあおった時代も、パチンコにノメリ込みすぎる人も多く警察からの規制が厳しくなりました。

今現在では、確立変動が次回までとなったり、STと呼ばれる回数制限付き確立変動などが主流となっています。さらに、パチスロと同じく設定付きのパチンコ台などが出回り稼働しています。

では勝てる台や勝ちやすい台とはどんな台なのでしょうか?

パチンコもパチスロも、大当たりまでのプロセスの段階で多額の投資をすることは、非常に勝負的にも非常に苦しくなります。

ゆえに、ミドルタイプ、甘デジタイプなど様々なタイプの台を遊技する上で、大きな投資をせずに済む甘デジタイプをお勧めします。

確かにミドルタイプは出玉も多く大きなプラス収支を見込めますが、大当たりするまでに非常に多額の投資を余儀なくされることがあります。そのリスクを負いながら遊技することは賢明ではありません。

まして設定付きのパチンコ台では、甘デジに比べ出玉の波が荒い機種には、店側でもあまり高設定を使いにくいのが現実です。

ミドルタイプには出玉感があるため、集客用に高設定を使うお店もあるとおもいますが、高設定だからと言っても、大当たりが遠い場合もあるため、高いリスクを負って勝負することは、昔に比べ規制を受けた現在のパチンコ時代では、プラス収支を念頭に置く上でかなりの負担になります。 

パチンコで勝つにはどんな台を打てば良いのか?

f:id:kinnsora:20181001125452g:plain

パチンコには色々な機種が存在しホールで稼働していますが、知っておかなければならないのは、釘調整と換金率とボーダーライン回転数です。

以下は人気機種海物語のへそ釘の一例です。解説のとおり当然ここのへそ釘が開いていれば、チャッカーにも多く入賞し回転率もアップします。しかし、ただへそ釘が開いているだけではダメで、一連の玉の流れなどを確認する必要があります。

また、台が座った状態でどの方向に傾いているかにもより玉の跳ね方が違うので確認しなければなりません。

店によっては、中央アタッカー(大当たり時開放する場所)付近の玉の誘導釘が厳しく調整され出玉を削る悪徳な店舗が存在することから、全体的な釘調整の確認が必要です

 

以下はボーダー回転数の例です。

この様に換金率と千円当たりの回転数は、重要なため

必ず勝負にこだわるのであれば、確認が必要です。等価交換の店舗では、千円当たりの回転数をかなり抑えている店舗もあるので、イベントや新台入れ替えなどを狙うのがよいで

しょう。

ボーダー回転数(回/千円)

交換率→

2.5円

3.03円

3.33円

3.57円

4.0円

↓ルール

一回交換

33.9

28.0

25.5

23.8

21.2

無制限

24.6

23.2

22.5

22.0

 

以下はCRひぐらしのなく頃に‐祈の解析を表に示したものです。

 上記のとおり甘デジでも大当たり確立がかなりミドルタイプに比べ抑えられているものの、時には600回800回と回っても大当たりが来ないこともありえるので、深追いは禁物です。先ほど話したとおり、大きな投資は後々回収が困難となるため注意が必要です。

CRAスーパー海物語 IN JAPAN with 桃太郎電鉄

上記はCRAスーパー海物語 IN JAPAN with 桃太郎電鉄の解析値です。この機種も甘デジで大当たり確立が甘くミドルタイプより大当たりを狙うことができます。しかし、確立どおり確実に出現すると言うことではないため注が必要です。

現在ではPスーパー海物語IN沖縄2SAHSの様に設定付きの物がでてきており、パチスロに比べ設定差はあまり大きくないものの回転数と、連チャン率を見ながらの遊技をしなければなりません。

Pスーパー海物語IN沖縄2SAHS

また、パチンコは設定には機械割というのがありません。機械割とは、簡単に言うと機械に入れた玉数と払出し玉をパーセンテージで表したものであり、機械的に算出した数値です。機械割が存在しないため、収束(設定された確立に近づく)しないよう思えますが、当然確立が決まっている以上、やはりいつかは収束していきます。しかし、ながらパチンコはその収束幅が1日単位なのか、1週間単位なのかは推測することが難しいと言えます。よって、波を読み遊技をすることは非常に難しくなっています。

パチンコは、回った回数と確立の勝負といえるでしょう。

台の好不調を読んでパチンコで勝利をつかめ

f:id:kinnsora:20180819184027j:plain

 先にも話したように、パチスロのように機械割があれば波を読むことができますが、機械割のないパチンコでも、こんなことを体験した覚えはないでしょうか?

朝早くに大当たりした台が1日中好調にでているとか、出る台は頻繁にプレミアム演出がでたり、信頼度の低い演出でも大当たりしたりすることを、目撃したことがあると思います。

私も遊技していて、保留が簡単にステップアップしたり、海物語で言えば簡単に魚群リーチが発生したりします。機械割がないとは言え、当たりだしたら止まらない台もないですし、ハマり続ける台もありません。

回転数と確立が勝負と話しましたが、出玉率(店としてどのくらいでだすか)が設定できる流れとなっています。もし、荒れた波で出玉が止まらないなんてことが起きないよう、店側として対策がとられています。

このことから、大当たり確立に少しでも収束していくことを想定すれば、1つの方法として前日や前々日の収支がマイナスの台を狙うなどの方法があるとおもいます。当然すぐに大当たりがすぐに引けるということではなく、理論値からすれば大きくハマっている台は少ないゲーム数で大当たりを引くことが出来る可能性が大きくなります。

勝負において初めから多くの投資をすることはリスクもあることから1つの手段として使用することが出来ます。

しかし注意したいのが、前日、前々日収支が大きくマイナスになっているからと言って深追いすることは禁物です。ぱちんこの波を読むことは、非常に難しく深い追い多額の投資は後々回収が困難となってしまいます。

冷静さを欠き勝負に支障をきたすため、回りの悪い台や大当たりが遠い台などは早めに見切りをつけなければなりません。

ヤメ時を見極め手堅い勝負をすればパチンコで勝てる!

f:id:kinnsora:20180912155603j:plainここからは辞め時の話です。以下に示すのは、パチンコ台の出玉をグラフにしたものです。台の特性やゲーム制はあるものの、いつもの勝負であの時やめていればプラス収支だったのになんてことは無いでしょうか。

私自身も、何度あそこでヤメていたらプラスだったなんてことは、星の数ほどありました。その私が言うのもなんですが、ヤメられない理由には、過去の記憶からの台への過度な期待や冷静な勝負が出来ていなかったことが原因と言えます。

1000玉投入し、1200玉の出玉があれば、等価交換の場合プラスになるわけですが、そこでヤメる勇気が必要となります。

状況にもよりますが、それ以上プラスになる場合は、期待できる演出が続いたり、連続大当たりが来たりとグラフで言えばプラスの方向へシフトしていきます。

しかし、複雑な波を描くこともありパチプロの様に勝負をするには、綿密なデータ収集と知識が必要となります。

皆様がプロ並みに情報力と知識があるのであれば話は別として、時間がある時にパチンコを遊技する程度であれば、回らない台や全く演出がこない不調な台を打ち続けるよりは、その日の遊技を諦める勇気も必要なのです。

パチンコで勝てる台まとめ

f:id:kinnsora:20180613164547j:plain

大当たり確立の良い台を打て

出玉の多いミドルスペックの台は、打ち手にとって非常に魅力があります。まして、花の慶次や海物語で座ってすぐ大当たりを引きドル箱を重ねているのを見ると非常にうらやましくも思えます。しかし、多額の投資をするリスク、回収するリスクを忘れてはいけません。

甘デジでも、確立よく出れば10000万発も夢ではありませんし、何より遊技を楽しむことが出来るのです。

回転率や全体の釘調整を見極め打て

  前日や前々日の収支が大きくマイナス台を狙うのはともかく、全体の釘調整やへそ回り、アタッカー周辺の調整まで確認しましょう。せっかく好調台を掴んだとしても出玉を削られていもともこうもありません。焦らす急がず落ち着いて台をチェックしましょう。また、比較的年配の方が多く遊技されている機種や人が多く集まる台は、客寄せのため釘調整が甘い傾向にあります。その辺も念頭に置きながら台選択をすると良いでしょう。現在であれば、海物語や北斗系の人気が高く店側としてもお勧めの機種となっているようです。

ヤメ時は冷静に判断せよ

ここが一番大切なところです。

初めからマイナス収支を目指しパチンコ店に行く人はいないと思います。

マイナス収支になっては、もともこうもないので、早期の大当たりをゲットした場合や投資分を回収できた場合は、一旦状況を見直し遊技を続行するのか、辞めるのかを冷静に判断する必要があります。

何よりここが難しいのですが、一旦休憩スペースで考えるなり、外にでて考えてみるなり色々な方法はあると思います。

打てる台がなければ、遊技せず帰る事もあって良いと思います。ここをクリアすることが出来ればぐっと勝率もアップします。

勝てるパチンコ台は、あなたの観察力と気持ち次第で、すぐそこにあるので是非試してください。

効率よくデータを得るにはデータロボ「サイトセブン」がおすすめ!

パチンコ・スロットで勝率を上げる為にはお店の事をよく知る必要がありますよね!

サイトセブンは一週間の出玉情報だけでなく、リアルタイムのゲーム数やART突入回数まで把握できる優れものです。

  • お店が力を入れている機種は?
  • 特定日以外に力を入れている日はいつ?
  • 同じ台に設定を入れる頻度は?

上記のようなお店の「癖」を知る事はパチンコ・スロットで勝つ上で最も重要です。

移動費が掛らずお店の状態を把握できるので、利用していない人は損をしていると断言して良いでしょう。

サイトセブンを詳しく知りたい方は下の画像をクリックで登録ページにアクセス出来ます。