キンソラ情報局

元スロプロで現在はFX等の投資も行っています。FXやスロットの記事だけではなく様々なジャンルを取り扱っているBlogです。 GOODな記事を発見したら読者登録、シェアして頂けると励みになります。 (このBlogは二人(キン、ソラ)で運営してます。)

【必見】元スロプロが語るスロプロの辛いところ

どうも、キンソラです( ^ω^ )

僕はスロプロとして、2年間生活をしていた経験があるのでスロットのいい所も悪い所もわかります。個人的にはいい所よりも悪い所の方が多い気がしますがw

そこで、今回は元スロプロの僕がスロプロの辛いところを書いていこうと思います。

let's go

睡眠時間が短い

f:id:kinnsora:20180302230625j:plain

まずは、睡眠時間が短いですねえ。

僕がやっていたスロットのやり方は、設定狙いと天井狙いの期待値でした。

天井狙いの時は何時でもパチンコ屋に行っても良いのですが、設定狙いの時は朝から並んで打つのが殆どでした。朝から並んで打つと競合率にもよりますが、大体7時ぐらいに店につかないと狙い台が取れませんでした。

物置きが暗黙の了解で了承しているお店は良かったのですが、2時間ごとに店員が巡回してくるなどの物置きがダメな所は、席に並んでいないといけないので、並んでいる場所に寝るか、その場所でゲームなどをして暇を潰すぐらいしかやる事がありませんでした。なので、必然と睡眠時間が削られてくるのです。(僕の場合は外で寝る事が出来なかったので、いつもオールで起きていました。)

酷い時は、睡眠時間が一週間で5時間ぐらいになった時もありました_:(´ཀ`」 ∠):

今思うと、よくやっていたなと思いますね笑都内なら抽選とかがあるので、まだ大丈夫だと思いますが地方だと睡眠時間は少なくなってしまうのではないのでしょうか。 

店の癖が変わる時

f:id:kinnsora:20180527103331j:plain

これは参りますよね。僕も店の癖が変わるたびに一回は負けていました。店には、癖というものが少なからずあると思います。この店は角がよく出ているなあとか、この店は良く据えをおくなあとか。ここの例以外にも癖というものは数多くあると思います。スロットで勝つ為に店の癖を読むという行為は、スロットで勝率を上げる為に必要不可欠な事だと僕は思います。(目で見える期待値を追っている人には必要ありません。)

店の癖を一回でも変えられてしまうと、このやり方は通用しなくなってしまったのか?と疑心暗鬼に陥ってしまい頭の中がぐちゃぐちゃになってしまいます。今までのやり方で勝てていないと、自分が勝てていたホールが一つ無くなってしまうので、スロプロにとっては死活問題です。かといって同じやり方を続けていても癖を変えられてしまっているので負け額が増えるだけになってしまうので、新たな癖を探さないといけません。

 孤独

f:id:kinnsora:20180302230621j:plain

これは僕だけが思っている事かもしれませんが、スロプロは孤独だと思います。軍団でやっている人などはみんなと一緒に打っているので、孤独だと思っていないかもしれませんが、単体でスロットをやっていた僕はホールの中で一人なので、ずっと孤独だなあと思いながらスロットを打っていました。会社員ならば、同僚や上司などがいると思いますが、スロプロは一人なので万枚が出たり、大勝した時でもツイッターなどのSNSに上げるのがせいぜいだと思います・・・(僕だけかもしれませんが笑)

誰とも話したくないって方はスロプロに向いていると思います。しかし、誰かとコミュニケーションを取りたいと思っている方にスロプロはおすすめできません。僕自身も孤独が原因でスロットをやめたと言っても過言ではありませんから。(スロット規制などの理由もあります。)

高設定の台を打っても負ける時

f:id:kinnsora:20180624035755j:plain

スロットを初めて間もない方やあまりスロット知らない方は、高設定の台を打てば必ず勝てると思っている方が多いと思います。しかし、スロットというものは高設定の台を打てば、必ず勝てるという訳ではありません。スロットは確率の世界なので、高設定の台を打つと勝つ確率が高くなるというだけです。逆に低設定の台を打てば勝つ確率が低いというだけなので、低設定の台を打っても勝つ事があります。僕もハナハナ鳳凰の設定推測5の台を二日間打ち続けましたが、マイナス6000円という結果に終わった事があります。逆にハナハナ鳳凰の設定推測2の台で3万円勝った時もあります。低設定の台で、勝った時は良いのですが、高設定の台で負けた時はショックがでかいです。高設定の台を打っているのに一週間負け続けることも全然あり、そうすると収支もマイナスになってしまうので、スロットだけで生活をしているスロプロにとっては一番辛いところです。

スロットに規制がかかる時

f:id:kinnsora:20180322135509j:plain

スロットの規制は年々厳しくなってきています。0号機〜現在の6号機まで様々な規制がかかってきました。詳しくはこちらでご確認ください↓

今までのパチスロ規制歴史2018年【最新版】 - キンソラ情報局

上記のページを見てもらったら分かるのですが、打ち手にとって不利になるのが規制です。現在噂されている天井が撤廃される規制は、天井期待値狙いをしているスロプロにとって死活問題になります。天井がなくなったら天井期待値なんてない訳ですから。天井撤廃規制以外にも一撃3000枚までになる規制など、スロットで稼ぐ事が出来なくなる規制が今後も色々とかかってくると思います。スロプロにとってパチスロ規制は、辛い以外の何者でもありません。

まとめ

いかがでしたか?

共感した人やこれからスロプロとしてスロットで稼いでいこうと思ってる方に参考になればいいなと思っています。これからスロプロをやっていこうと思う方は、何回か必ず心が折れそうになる瞬間があると思いますが、頑張ってください!

では、次の記事で会いましょう( ^∀^)

効率よくデータを得るにはデータロボ「サイトセブン」がおすすめ!

パチンコ・スロットで勝率を上げる為にはお店の事をよく知る必要がありますよね!

サイトセブンは一週間の出玉情報だけでなく、リアルタイムのゲーム数やART突入回数まで把握できる優れものです。

  • お店が力を入れている機種は?
  • 特定日以外に力を入れている日はいつ?
  • 同じ台に設定を入れる頻度は?

上記のようなお店の「癖」を知る事はパチンコ・スロットで勝つ上で最も重要です。

移動費が掛らずお店の状態を把握できるので、利用していない人は損をしていると断言して良いでしょう。

サイトセブンを詳しく知りたい方は下の画像をクリックで登録ページにアクセス出来ます。

関連記事

スロットで負けている人の特徴を知ってスロットで勝つ - キンソラ情報局

パチンコ(スロット)で700万円以上稼いだ僕がパチスロをやめた理由 - キンソラ情報局

(必見)スロットで勝てる人の特徴3選 - キンソラ情報局